日本語

自然治癒力と現代医療

薬に頼らないライフスタイル

頭が痛い時、薬を飲みますか?それとも水をたくさん飲みますか?それとも何もしないで放おっておきますか?現代人は薬に依存する傾向が高いですが、人間にはそもそも自然治癒力が備わっているので、熱が出たり、頭痛がある時薬に頼らずとも自然に病気を治すことができます。

日本から外に出てみると、様々な代替医療法があることに気づきます。鍼灸・アロマ・ハーブ療法・ホメオパシー療法・カイロプラクティック・ヒーリング等、西洋医学に頼らない医療法が多岐に渡ります。ただし日本では、科学的に証明されていないから、病気になれば医者にかかるのが当然だから、と言った理由で、なかなか浸透されていません。

 

なぜ現代医学に頼るのか

そもそも日本の皆保険制度では、医療費のほとんどを国が負担している為、何かあればすぐに医者に行き、薬を服用しやすいのです。一方で代替医療には保険が適用されず、高額となってしまうことも代替医療が浸透されない原因の一つにあります。

薬は症状を和らげるだけで痛みの元を完全に無くすわけではありません。熱が出れば解熱剤で熱を無理やり下げ、痛みにフタをするという対症療法なのです。

この対症療法で病気がなくなっていけば良いのですが、医療費は毎年1兆円以上増加し、今では40兆円近くとなっています。つまり病人は増え続けているのです。生まれた時から病院に行くこと、お医者さんが治してくれるという考え、テレビから流れてくる情報が「当たり前」で「常識」になってしまっているから、そこから抜け出すのは難しいことですが、病人が増えることで誰が得をしているのか、薬に頼ることのメリットは何なのか、と疑問を持つことが大事です。

 

とは言っても、救急処置が必要な怪我や病気の場合は現代医学が役立ちます。あくまでも慢性的なガンなどの病気に関してです。

 

自然治癒力を高める

病気になって病院に行けば、対処してくれますが根治はされないですし、病気の予防の仕方を教えてくれません。病気の要因は、ストレス・食生活・運動不足・睡眠・大気汚染・心のあり方等がほとんどです。それがわかれば予防することができます。

食生活

農薬の一種、除草剤に含まれるグリホサホートには糖尿病・心臓病・アルツハイマー・ガン・自閉症等の健康被害があると、EU・UCSFにて研究発表がありました。フランスでは使用禁止となっていますが、日本ではアマゾンで買えてしまいます。

肉は食べた瞬間から腐敗が始まり、腸内で有害なガスを発生させ、発ガン物質のニトロソニアミンが発生するだけでなく、毒素は血液を汚染させあらゆる病気の原因となります。またWHOが加工肉を魔日50グラム食べると直腸がんや結腸がんになる確立が18%上昇すると発表しています。

運動不足

運動不足によって筋肉・筋力が弱り、身体の働きが鈍くなります。その影響で脂肪が燃焼しにくくなります。また血液の循環が衰退し血液を汚濁させることになります。自然治癒力が旺盛な状態は血液の循環が旺盛な時なので、運動不足は自然治癒力を低下させます。

ストレス

ストレスが生じると、脳の視床下部が反応し下垂体と副腎からホルモンが普段より多く分泌されます。心臓がドキドキしたり血圧が上昇・食欲が無くなるといった自律神経の乱れなどを引き起こします。

 

こういった要因を把握していれば、なるべく身体に悪被害がないように心がけることができますし、免疫力・自然治癒力のアップさせ、現代医学に頼る必要のない身体を作り上げていくことができます。食に気を使うこと、自分に合った運動方法を探ること、ストレス発散方法を模索することが重要になってきます。

欧米では1990年代以降に代替医療への関心が高まり、数多くの人が利用しています。アメリカでは病気にならないための予防が中心となりつつある為か、オーガニックフードやベジタリアンのお店が多々あります。また自由・自己責任の国であるがために、自分で考える医療が急増しています。

病気を予防もしくは根治するのは自分自身なのです。

自然治癒力は、最近やっと聞き慣れてきた言葉ですが、怪しい、信じられない、「宗教じみてて嫌」という人もいます。確かに自然治癒力は科学的に証明はされていませんが、軽いキズは治っていきますし、熱が出るのも身体に異常が発生し、毒素を排出しようと熱を発し、発汗させる、言わば健康へ導く浄化作用なのです。

薬に頼ることで元々備わっている免疫力は低下し、それに伴い病気になりやすい身体にもなります。薬に頼らなければ生きていけないサイクルに陥ってしまうのです。

知らないことや聞きなれないことを受け入れようとしないことが、そもそも危険なのです、風邪をひいたから医者にかかって薬を摂取する。その薬は何で出来ているのか、痛み止める以外に身体にどのような影響があるのか、知ろうとしないことが自分の首を締めるのです。

病気になった時のことを心配するなら、病気にならない身体づくりをすること、また自らが持っている自然治癒力を高めることにフォーカスしたいところです。

 

0 comments on “自然治癒力と現代医療

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: